2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
遠い夏の日のちょっと不思議な話・・・その1
2009/12/04(Fri)
こんにちは m(_ _)m
え~っと、イラストの方が全然完成しなくて困ってます (≧▽≦)
何度描き直しても、「あ~、全然あかんわ~・・・(>_<)」って感じです (T_T)
いつもなら、「もうええわ~、UPしたれ~!!」と思えるんですが、
今回はさすがにそういうふうに思い切ることもできず・・・

なので、しばらくイラストを描くことから離れようと思います。
3日になるか1週間になるか1か月になるか、わかりませんが・・・

その代わりといってはなんですが、「いつかは必ず書こう」と思っていた話を書き始めてみたいと思います。

これは、ずっと以前に僕が体験した、ちょっとだけ不思議な話です。
ただ、かなり昔のことなので、どうしても思い出せない場面や記憶が曖昧な場面は、適当に考えて書いていきます。
したがって、事実とはちょっと違う部分が生じてくることはお許しください。
読み終わって、「なんや~、それだけのことか~・・・」と思われるかもしれませんが、
どうぞおつき合いください m(_ _)m



1992年8月・・・
むせ返るような暑さに包まれた梅田の街・・・
その夜、僕は、担ぎなれない重いザックを背負い、
三人の友人たちとそんな梅田の裏通りを歩いていました。
見上げれば、星の光の欠片さえ見えない空に向かって、黒々とした柱が何本も伸びています。
それぞれの柱にはいくつもの明かりが点ってはいましたが、美しさとは無縁でした。
そんな柱のうちの一本の根元に、僕たちの目指す場所はありました・・・

到着した場所には、すでに数人の人たちがいました。
汗ばんだ背中からザックを引き剥がすようにして、乱暴に地面に下ろします。
そして、酔い止めの薬の代わりに買った缶ビールの蓋を開け、渇いた喉に流し込むと、
マイルドセブンに火をつけ、これからの行程について友人のMくんと話しました。
「・・・そうか、着いたらやっぱりいきなり歩き出すんやな・・・
 ゆっくりと観光してる暇はないっちゅうことやな」
「そうやな、日のあるうちに小屋まで行かんとなあ・・・」
そう言うと、Mくんはピースの煙を美味そうに吸い込みました。
初めての本格的な登山・・・
僕は興奮し、また少々緊張もしていました。
紫の煙が、ゆっくりと空へ昇っていきます・・・

やがて、バスが目の前に滑り込んできました。
観光バス・・・とはとても言えそうもない、古びた路線バスのようなそれに、
少しガッカリしながら乗り込む僕・・・
バスは満席でした。
僕は窓側に、Mくんと並んで腰掛けました。
その前には、同じく友人のYくんとHくんが座って、何やら楽しそうに談笑しています。
そんな僕たち乗客の様々な想いを載せて、バスはゆっくりと走り出しました・・・

僕は、いつの間にか眠り込んでしまっていました。
気がつくと、もう白々と夜が明け始めています。
友人たちも他の乗客もまだ眠っているようで、誰の話し声もしませんでした。
バスのエンジン音だけしか聞こえない車内は、
無音の状態よりもさらに深い静寂に包まれていました。
ふと窓外に目をやると、無数の白い明かりが規則正しく螺旋状に並んでいます。
(何やろ?住宅地・・・でもなさそうな感じやし・・・)
今あらためて考えれば、おそらくそれらは道路に建てられた水銀灯かなにかだったのでしょう。
しかしその不思議な光景は、なぜか今でも目に焼きついています・・・

それからはもう眠れませんでした。
名前も知らない道を走り続け、トンネルを抜け、バスはやがて目的地に着きました。
上高地バスターミナル・・・
すべてはここから始まるのでした・・・



短くて申し訳ないですが、今回はここまでということで~ (^^ゞ

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | 物語 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<遠い夏の日のちょっと不思議な話・・・その2 | メイン | 孤高なる者・・・>>
コメント
-  -
こんにちは それはまた不思議なもの見ましたね らせん状に並んでいるって言うと 仮に水銀灯と考えても 高速道路のUターンのキュウバイがやたら激しいか ですね

他の要素も考えてみたのですが 特にこう、、"これかな"ってのも無いですので ほんと ホラー(な話では全然ありませんが)でよくある締めの"あれは、、一体なんだったのでしょう"と言うのが一番ぴったりなかんじですね

まぁ"柳の下の幽霊見たり"でがっかりするより 不思議な事は不思議なこととしてとどめておくのが夢があっていいと思います けっこう 発光現象と言うのは見ている人が多くって 諸説ありますが 何らかの要素原因でそういったことはあることは間違いないようです 

しかし 友人が三人もいたからいいですけど ひとりで見たらかなーり怖いかもですよ 訳解りませんからね ま、、、、まさか!!キャトルミューティレィション!? なんてXファイル的な思想に直行しますから

にしても バスなどで夜揺られているとみた地域でも 視点と時間が違うだけで凄く幻想的に見えたりしますね ネオンの輝き 光の具合 自分の活動時間外の風景 

そんなちょっとした日常的な"非日常"の世界はとても新鮮で 不思議な感覚がしたのを私も覚えてたいます 旅先などではさらに新しい刺激がまっているのでしょうね

では では 失礼いたします、
2009/12/04 13:01  | URL | たまお(仮) #-[ 編集] ▲ top
- たまおさん、ありがとうございます -
こんにちは、たまおさん \(^o^)/
早速のコメント、どうもありがとうございます m(_ _)m

キャトルミューティレーション・・・なつかし~!!(≧▽≦)
久々にその言葉にふれました~ \(≧▽≦\)(/≧▽≦)/
そうですよね、「あれはいったい何だったのか・・・」と、解明されないままずっと心に残ってる方が、
僕も好きです (^o^)
きっとたまおさんのおっしゃるように、いろんな条件が加味されて、
よけいに不思議なものに見えたのでしょうけど、
しかしそれにしても、ほんと印象に残る奇妙な光景でした・・・
友人たちと一緒でよかったです・・・(^◇^)

たまおさんも、もしよければ、不思議な体験とかおありでしたらブログで紹介してください~ (^o^)
(すいません、こういう話、大好きなので・・・(^^ゞ)
楽しみにしております~ (^_-)-☆
2009/12/04 13:28  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは♪
納得のいくイラストを描くというのは、これまでも何度かNさんのお言葉の中にありましたが、やっぱり
なかなか難しいものなんですね…。また、お描きになりたくなられたら、是非再開してください!
心待ちにしております(笑)。

ところで、…久しぶりですね~!!Nさんの本格的なお話!こちらもお待ちしておりました(笑)!
以前、お書きになったブロガミさんのお話…とても面白かったですし!今回も、毎回楽しみに
拝読させていただきます~!でも、今回は何やら蒸し暑い真夏の夜のミステリアスな雰囲気ですね…
都会の夜のビル街を抜け、不思議な光景を目にしながら、いよいよ登山の始まり…ですね。
Nさんの文章から怖いくらいの静寂感が伝わってきました。ちょうど、僕の部屋の中が静かだったので
静けさ倍増です(汗)。で、あっという間に読み終えてしまいました…(涙)。
これから、どうなるのか…とても楽しみです!
2009/12/04 22:08  | URL | shun #JalddpaA[ 編集] ▲ top
- shun さん、ありがとうございます -
おはようございます、shun さん (^o^)
いつも応援してくださって、本当にありがとうござます m(_ _)m
いや~、僕の場合、納得のいくものが描けないのは、
多分に未熟な技術のせいでもありまして・・・(≧▽≦)
もうちょっとマジメに技術を磨くことを考えないといけないときなのかもしれないなあ、
と思っております (^^ゞ
また必ずイラストをUPしますので、そのときはおつき合いよろしくお願いします~ (*^_^*)

ブロガミさんの話、覚えていてくださって光栄です (^^♪
今回の話も、本格的って言っていただけるようなものではないのですが、
楽しみにしていただければとてもうれしいです (^◇^)
ただ、なにやら小説っぽく書いてはいますが、中身はそんなに大そうなものではないんですよ~
 (≧▽≦)
でも、ミステリアスな感じとかバスの中の静寂感とかを感じていただけたようで、
大変うれしく思っています (^_^)
この先どこまでうまく表現できるかわかりませんが、
楽しんでいただけるようできる限り頑張ってみたいと思いますので、
どうぞおつき合いくださいね !(^^)!
2009/12/05 09:22  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- Nさん -
今日はミステリーゾーンの世界に案内頂き
ワクワクしました
絵 小説 なんでも お上手
羨ましいです
今日 この御話し夢に出てきそう
Nさん登場して下さいね
私は今日から松本のご案内です
昨日は妹へのコメントありがとうございました
2009/12/05 22:05  | URL | りら #-[ 編集] ▲ top
- 気になる~ -
めっちゃ気になるやんか~ ヘ(^o^)/
裁判官の判決の様に結論から書いて~
ダメっすよネ(^_^メ)
2009/12/05 23:11  | URL | 骨男 #FXbBe/Mw[ 編集] ▲ top
-  -
>「すべてはここから始まるのでした・・・」
が、すごい気になります(^^)
不思議な話も怖い話も大好きなので、これからどんな不思議が起こったのか楽しみなのですが、Nさんが何か危険だったり怖い体験をされたのだったらイヤだなぁ・・・(>_<)
でも楽しみにしてます!(どっちだ 笑)
2009/12/06 12:40  | URL | Aki #EVEuRZgM[ 編集] ▲ top
- りらさん、ありがとうございます -
こんにちは、りらさん (*^_^*)
いつもありがとうございます (^^♪
そんな・・・なんでも上手なんてことないですよ (^^ゞ
ただの「下手の横好き」ってやつです (^◇^)
松本ですか~、詳しくは知りませんが、いいところですよね!!
記事、楽しみにしております (^_-)-☆
2009/12/06 16:17  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- 骨男さん、ありがとうございます -
骨男さん、こんにちは~ (^^♪
ゴメンな~、そりゃ気になりますよね、こんな書き方されたら・・・(^^ゞ
でも、結論だけ言ってしまうと、あっと言う間に終わってしまう話なので・・・
申し訳ないけど、書くことを楽しみながら進めていきたいと思ってますので、
どうぞしばらくおつき合いくださいませ~ =^_^=
2009/12/06 16:20  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- Aki さん、ありがとうございます -
こんにちは~、Aki さん !(^^)!
そうですか、Aki さんもこの手の話がお好きですか~ (^^♪

ご心配いただいて、ありがとうございます (^_^)
僕にとっては初めての本格的な登山でしたので、確かに危険な場面はあったのですが、
今から書こうとしている出来事そのものが「危険!!」というわけではないですし、
そんなに「怖い!!」というような話でもないですので、どうぞご安心を (^_-)-☆
2009/12/06 16:29  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- Nさん -
妹の応援コメント有難う御座いました
今日も記事また読み直してみました
続きが楽しみです
私は今日も松本です
気が向かれたら御出で下さい
2009/12/06 22:54  | URL | りら #-[ 編集] ▲ top
- おはようございます! -
お久しぶりのコメントです(●^o^●)
山の不思議な話は父によく聞かされていたので
ワクワクしながら読んでしまいました!!
白いらせん状の光 なんだったんでしょうね。。
続きが楽しみですね(^^♪
あっ!私は 「ひとだま」みた事ありますよ!!
亡くなった方の家の屋根の上で ぐるぐる回っていました(^_^;) 小さい頃 見たんですが今でも鮮明に覚えています。。
2009/12/07 09:51  | URL | 比呂 #sOqsgCiY[ 編集] ▲ top
- りらさん、ありがとうございます -
りらさん、こんにちは (^_^)
読み直していただくような代物でもないんですが・・・
いつもありがとうございます (^^♪
松本城の写真、とてもよかったですよ (^_-)-☆
2009/12/07 16:48  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- 比呂さん、ありがとうございます -
こんにちは、比呂さん !(^^)!
ほんと、あの光は何だったのかと、今でも不思議に思います・・・(*^_^*)
ひとだまですか~、やっぱりあるんですねえ (≧▽≦)お父さんの山の不思議なお話も、またいつかお聞かせいただければうれしいです (^◇^)
2009/12/07 16:52  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- 夏の思い出 -
こんばんは。
不思議な体験でしたね。
このお話は続くのでしょうか?楽しみ~♪

まさにトワイライト・ゾーン!

2009/12/07 16:55  | URL | 森野帽子 #GxAO5jdM[ 編集] ▲ top
- 森野帽子さん、ありがとうございます -
こんばんは~、森野帽子さん (*^_^*)
そうなんですよ、ほんと、不思議な光景でした (^^ゞ
話はまだ続きますよ~、
どうぞお楽しみに (≧▽≦)

あ、そう言えば『トワイライト・ゾーン』の映画、見に行きましたよ~ (^^)
マンハッタン・トランスファーが歌うテーマソングも印象的でした (^◇^)
2009/12/07 17:16  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuma009.blog6.fc2.com/tb.php/83-6f2bcea0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。