2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
訪問者 その9
2009/03/02(Mon)
昨日は、息子の誕生日を祝っていただくコメントをたくさんいただき、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました  m(_ _)m

さて・・・続きです。



 村 「アホ、人聞きの悪いこと言うな。誰が死神やねん」
 N 「え!? だってさっき、『ブロガミ』なんていう神さんはおらんのや、って言ったじゃ
    ないですか!!
    それに、このノート・・・」

だが、村上さんはそれ以上何も言わず、ただニヤニヤ笑っているだけだ。
僕は、慌ててノートの表紙をめくった。

やっぱり・・・。

そこには、やはり僕の名前が書かれてあった。

 N 「やっぱりこのノートに、僕の名前が書かれてあるじゃないですか!!」
 村 「当たり前やん。だってさっきワシが書いたやんか。それがどうしたんや?」
 N 「それがどうしたんや?って・・・。だって、このノートは・・・」
 村 「このノートは・・・何や?」

そう言うと、村上さんは、クックック・・・と笑い始めた。
僕は、ハッとして、今度は表紙を見た。
しかし、それもまた、さっき見たとおりのものであった。
まるで深遠の闇のように真っ黒な表紙・・・ そして、氷を思わせるような白い文字・・・
僕は、その白く浮かび上がった文字を見つめた。

D・・・E・・・S・・・H・・・I・・・N・・・O・・・T・・・E・・・
ん? あれ・・・? なんやろ? なんかおかしい・・・?
DESHI NOTE・・・? DESHI?

 N 「ちがう・・・デ〇ノートとちがう~!!」
 村 「クックック・・・やっとこさ気づいたか・・・やっぱりニブ男やなあ、君」

村上さんは、おかしくてたまらない、というふうに笑っている。

 村 「君、このノート見た瞬間、これをデ〇ノートと勘違いしたやろ・・・クックック・・・
    それでな、ちょっとからかってやろうと思ったんや・・・しかし・・・ククク・・・
    しかし・・・こんなに見事にひっかかってくれるとは・・・
    君、ニブ男やけど、サービス精神は旺盛やなあ・・・」

村上さんは、とうとう我慢しきれなくなって、ギャハハハ・・・と笑い出した。

 N 「え!? からかう・・・? じゃあ、ずっとお芝居してたんですか!?
   僕をだますために!?」
 村 「そういうことや・・・ギャハハハ!!」

村上さんの笑いは止まらない。
僕は、ものすごい脱力感に襲われていた。
しかし、時間が経つとともに、激しい怒りがこみ上げてきた。
そして、例の黒いノートを丸めて、ゴミ箱に叩き込もうとした。

そのとき、村上さんの笑いがピタリと止んだ。
僕は、思わす手を止めて、村上さんのほうを見た。

 村 「ちょっと待ちいな、君」
 N 「何言ってるんですか・・・僕は怒ってるんですよ!!
    神さんが人間をだましていいんですか!? こんな小道具まで使って!!」
 村 「小道具・・・って、そのノートのことか?」
 N 「そうですよ!!」
 村 「それは誤解やわ、君。 それは、君への贈り物なんやで」
 N 「は? 贈り物・・・?」

僕は、もう一度、その表紙の文字を読んだ・・・

 N 「あの・・・『DESHI NOTE』って書いてありますけど・・・何か意味があるんですか?」
 村 「当たり前やん。 君用のノートやから『DESHI NOTE』なんやがな」
 N 「あの、よくわかりませんが・・・」

村上さんは、ヤレヤレというふうに肩を落とした。

 村 「だって、君、ワシの弟子やろが・・・」

はあ? 弟子・・・? 
あ! 弟子用のノートやから 『DESHI NOTE』なのか!・・・って、くだらん!!
くだらなさすぎるやんけ!!

僕は、今度こそ怒りが頂点に達し、再びそのノート丸めた。
そして、それを村上さんの顔面に叩きつけようとした。

 村 「待った!! 君、そのノート粗末にしたら、それこそ恐ろしい天罰が下るで」

僕は、また思わず手を止めた。
 
 村 「それは神の世界の特別なノートなんやで。
    それも、ブロガミの弟子になった者だけしか手にすることができんのや。
    おまけに、今は品薄で、めちゃめちゃ入手が困難やねん。
    君は今日から、ワシに教わったことをそのノートに逐一書いていくんや。
    そのノートには不思議な力があってな・・・思いを込めて書くと、その持ち主の気持ちに
    ちゃんと応えてくれるんやで。
    そして、それをもとにブログを書くことで、君はちょっとずつ成長していくんや。
    ワシはな・・・」

村上さんは、なぜかそこで言葉をつまらせた・・・。

 村 「ワシは・・・君に一人前の立派な人間になってもらいたいんや。
    せやから、神の世界で、必死になってそのノートを探し回ったんやで」
 N 「じゃあ、タコ焼き屋に寄って道に迷ったっていうのも・・・」
 村 「そうや、ウソや・・・。
    なかなか見つからんかったのは、この家じゃなくてそのノートやったんや」
 N 「村上さん・・・ありがとうございます・・・。
    こんな僕のために・・・ほんとうにありがとうございます」
 村 「ええねん、ええねん。だって、人間が幸せになるのを助けるのが神さんの役目やからな。
    ワシは神さんとして、当たり前のことをしただけや・・・」

照れくさそうに笑っている村上さん・・・。
僕は、ノートを丸めてくしゃくしゃにしてしまったことに、すごく大きな罪悪感を感じていた。

なんとか元に戻そうと、今度は逆の方向にノートを丸めようとした。
そのとき、一枚の小さな紙切れが、ノートの間からヒラヒラと床に落ちた。
何だろう、と思いながら僕はそれを手に取った。
「ダ〇ソー」のレシートだった。

僕は、ゆっくりと力を込めて、ノートを丸め直した。
そして、それを村上さんの顔面に思いっきり叩きつけた・・・。


長くなりましたが、今日も読んでくださって、ありがとうございました。
よろしければ、押してやってください  m(_ _)m

     ↓        ↓  
 人気ブログランキングへ                  
この記事のURL | 物語 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<一度は見てみたいもの | メイン | 息子の誕生日>>
コメント
- DESHI?! -
アハハハ!(≧▽≦)
DESHI NOTE!ウマい!!座布団一枚(‘▽‘)b
村上さん、さすがですね~~!「ダ〇ソー」のレシートも、芸が細かい!(笑)
でも、ますます、「何しに来たんだ」感が強まりますね~(笑)大したストーリーじゃない、と書いてらっしゃいましたが、期待しちゃいますよ☆
2009/03/02 20:14  | URL | Aki #EVEuRZgM[ 編集] ▲ top
- Akiさん、ありがとうございます -
こんばんは、Akiさん (^^♪
笑っていただけてうれしいです。おまけに座布団までいただけるなんて (^^ゞ
でも、ホント、もうこのあたりが限界です。ここからどう進んでいっていいのか、ほとんど見当もつきません・・・(>_<)
ただ、村上さんをこのまま埋もれさせてしまうのはちょっと可愛そうな気もしますので、頑張って続きを考えます。
また、ぜひお越しください (●^o^●)
2009/03/02 21:42  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- 神さんもちゃんとオチ付けてくれますね~ -
弟子ノートですか! それでふと思ったんですけど 物事の"奥儀書"ってあるじゃないですか あれってかなり 『ボカシて』書いてあるそうですね 剣術とかでも 入門は解りやすいのですが どんどん 概念的な話になって行って 最後は"白紙"とかって 聞いたことあります 

た、確かに奥儀と言っても 教えてもらって目からビームが出る訳でも かめはめ波が打てる訳でもないですから 言いきってしまうと "えっ!? それだけっ?" って事に成りかねません つまり剣術とかでは昔は命がけですから ギリギリの処で 人がどう対処するか、、とか単純な事なんだそうです

ええと 今回もかなり話がずれてしまいましたが 今回もボタンぽちっと押していきますね いつも思うんですけどこれって押すだけで良いんでしょうか、、ルールが解ってないもので、

あと ランクの話ですが 今考えているのは上げる方法は幾つか思いつくのですが 下げる明確な手段が放置以外全く思いつきません どうやったら一気に下がるんでしょうね いやー 私上げる気とかは特にないので 数字としてネタにしてるものですから、

ではでは~
2009/03/02 21:52  | URL | たまお #-[ 編集] ▲ top
- たまおさん、ありがとうございます -
たまおさん、こんばんは~ (^◇^)
まあ、オチはこんなものでカンベンしていただこうと思います (≧▽≦)
奥儀書ですか・・・そういうものについては今まで調べたことも考えたこともなかったですが、なるほどね~。
師匠にしてみたら、「もうお前さんにはワシが具体的に教えられることもないので、もしそのつもりがあるならば、ここからはこのヒントを基にして、勝手にもっと先まで進んでくれ」みたいな感じなのかもしれませんね。

ランキング、いつも気にかけていただいてありがとうございます m(_ _)m 僕もルールとかよくわかってないんですが、ただもう押していただくだけでいいと思います (^_^)
下げる方法ですね・・・放置以外には僕も全然思いつきません。すいません。
2009/03/02 22:13  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- !!!!! -
こんばんは♪
さっき部屋に戻ったのですが、、、ストーリー読んで爆笑させていただきました!!!
DESI NOTEもさることながら、最後のオチがすごいですよ!!
まじで爆笑しちゃいましたから!!ホント、途中で感動しかけた自分に、「…はめられたな。」
と、声をかけたいくらいです。何度読んでもおかしくて、、、笑えますね~!
最後、ノートを顔面にたたきつけられてますけど、村上さん、大丈夫だったんでしょうか…。
もーっ、村上さん、面白すぎです。今後どーなるんですか???すごく楽しみです。


2009/03/03 00:14  | URL | shun #-[ 編集] ▲ top
- こんにちは! -
Nさん、こんにちは。
もう村上さん、おかしすぎます。
いい人(神様)なのか、いい加減なのか?
最後のレシートの『オチ』に爆笑です。
2009/03/03 01:37  | URL | sari #ccNGWMCQ[ 編集] ▲ top
- shunさん、ありがとうございます -
そんなに笑っていただけると、ものすごくうれしいです。
時間をかけて考えた甲斐がありました (^◇^)
村上さんは、きっと「なんでそこまで怒られなアカンねん!!」と、逆ギレしてるような気がします。
絶対に反省なんてしそうにありませんから (*^_^*)
今後の展開は・・・もうちょっと考えます。お楽しみに~ m(_ _)m
2009/03/03 11:38  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- sariさん、ありがとうございます -
村上さん・・・ほんと、謎の神さんでしょ?
全然神さんらしくなくて、ただのワガママで悪戯好きのおっさん風で・・・。
でも、基本的には悪人(悪神?)ではないんですよ (●^o^●)
爆笑していただけて、とてもうれしいです。また続きが書けたらUPいたしますので、ぜひお越しください m(_ _)m
2009/03/03 11:45  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- ダ○ソー((*з*))・;' -
おはようございます。
今日も寒いですね

Death noteが弟子ノートっていう下りで凄い"えー!?"ってなって笑いました。

それだけでも十分面白いのに、最後にダ○ソーのレシートが出てきたのが凄いつぼに入りました(> v <*)

めっちゃ面白かったです。

朝から元気貰いました。
ありがとうございます!!
2009/03/05 07:07  | URL | ヒロネ #SFo5/nok[ 編集] ▲ top
- ヒロネさん、ありがとうございます -
天気はいいですが、ほんと、寒いですね。
風邪などひいておられませんか?

こんな拙い文章でも笑っていただけてうれしいです =^_^= そう言っていただけて、僕も元気が出ました (●^o^●)
ありがとうございました m(_ _)m
2009/03/05 11:51  | URL | N #GMZs2S8A[ 編集] ▲ top
- 村上さん・・・ -
最後のオチ、最高です。
おもわず、にやけちゃいました(笑)
いや~、ほんとNさんの文章力に脱帽です・・・i-179
2009/03/05 12:29  | URL | 璃音~Rion~ #-[ 編集] ▲ top
- Rionさん、ありがとうございます -
いえいえ、「文章力」なんて言っていただけるような、そんな大したものではありませんよ (^^ゞ
ただ、読んでくださった方がクスリとでも笑っていただければ、それで満足です (^^♪
では、またのおいでをお待ちいたしております =^_^=
2009/03/05 14:55  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- べしノート??? -
どうも。おはようございます。
この二人のやり取りが楽しいですねー。
尾も白い。ワンワン♪
でも携帯はコドモいや「NTT何処に?」です。

さてこの続きや如何に!!!ではまた。(^_^)/^^
2009/03/06 08:18  | URL | 森野帽子♪ #GxAO5jdM[ 編集] ▲ top
- 森野帽子さん、ありがとうございます -
こんにちは、森野帽子さん =^_^=
楽しんでいただけて何よりです (^^♪

この続きですが・・・さて、どうしたものなのか、ちょっと思案中です。
もうしばらくお待ちください~ m(_ _)m
2009/03/06 11:16  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuma009.blog6.fc2.com/tb.php/42-520498cc

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。