2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
通院
2009/01/26(Mon)
本日は、今年初めての通院でした。
先生も看護師さんも、たいへん優しくて心が和みます。
診察が終わってエスカレーターを下りて、一階へ。
この広いフロアーで会計を済ませるのですが・・・。

実はこの待ち時間がつらい・・・。
そんなに長い間待たされるというわけでもないのですが。
何て言えばいいのか・・・その場の空気が苦しい・・・そういう表現がいいのかなあ。

当然のことながら、周りはほぼすべてが患者さんです。
男も女もいるし、若い人も僕と同じぐらいの方もいればお年寄りの方もおられます。
そして、子どもたちも・・・。
明るい雰囲気になるわけがないし、それで当然だとわかってはいるけれど、ここでの待ち時間がものすごく苦痛です。

思えば、お医者さんや看護師さんはもちろん、医療や介護に携わる人たちって、たいへんなんだろうなあ。
こういう仕事に従事されてる人たちは、こんな言い方はよくないかもしれないけど、病や老いなどの負の部分を抱えた方々を相手にしているわけですよね。
つまり、出会い自体がけっして楽しいものではなく、どちらかと言えばマイナスからのスタートを余儀なくされてるんですよね。
(なんか表現が下手でイヤになってきます・・・なんとなくわかってもらえたら嬉しいのですが)
そう考えると、毎日がとてもしんどいんじゃないかなあと思うんです。
特に、毎日新しい患者さんとか利用者さんと接する機会が多ければ多いほど、そのしんどさは尋常じゃないのかもしれない。
でも、社会にはなくてはならない存在ですからね。

「マイナスからのスタートではあるけれども、患者さんたちが時間を経るごとに、この出会いが素晴らしいものだったと思えるように・・・」
そんな願いを込めて、仕事に励んでおられる人たちはたくさんおられるはずです。

そういった人たちに、この場から拍手を送りたいと思います。


この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<物語を書くこと・・・ | メイン | むずかしい・・・>>
コメント
- スタートは常に前向き -
患者さん側からすれば骨男に出会った瞬間は確かにマイナスの位置かもしれませんが、骨男的にはそれはその方とのとのお付き合いの始まりなので、スタートです。「さぁどうやって元の状態に戻そうか~☆」だいたいが教科書通りに行きません。でも手探りで進めてるうちに必ず変化してきます。でも100%はありません。でも自信はあります。なぜなら人は治るようにプログラムされているから。
人がどんどん良い状態になっていくのはとてもうれしい事なので、「先生ありがとう」って言ってもらえただけで疲れが半分は飛んでいきます。自分自身がその一言で救われる様な気さえして「ありがとう」って自分も思ったりします。
医療従事者は少しだけ身体の事について詳しい人☆ただそれだけの人なので、ペンキ屋さんは色に詳しいし、八百屋さんはスイカを叩くだけでその善し悪しがわかるし、自動車の修理工の方は音を聞いただけで故障箇所を当てるらしいですね。それぞれみんなすごいんです。
でも100%は無いんです。ただ前に進む。
それでいいんですよね。ヘ(^o^)/
そうそう今日何かのテレビ番組で言ってたけど眠れない時は☆宝くじが当たって☆その使い道をあれこれ考えてると寝てしまうって言ってたけど☆フロアーで会計などを待っている間に「もしも宝くじが当たった時の事を考えてたら」妙に時間が早く過ぎるかもよ~v-61
2009/01/26 23:49  | URL | 骨男 #FXbBe/Mw[ 編集] ▲ top
- いい関係 -
骨男さん、いつもありがとうございます。
「ありがとう」の一言で疲れが半分になる・・・それは、きっと骨男さんが、いつも患者さんの身になって考えてあげているからでしょうね。だからこそ、骨男さん自身も「ありがとう」の言葉が返せるんだと思います。長いつき合いだから骨男さんがいい先生なのはじゅうぶんわかってるつもりでしたが、このコメントを読んで、患者さんとの間にとても素敵な関係を築けているんだなあと、あらためて思いました。
「宝くじ」の話、興味深いですね。今度待っている時間とか眠れないときに試してみます。どうもありがとう!!
2009/01/27 00:07  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- No title -
薬局の待合室、あんまり楽しくない時間ですよね。
2週間分とかになると、すごく待つことになるし。
私は、だいたい病院に行かない人なんだけど、それでも薬局で待つ時は、本を読むか、携帯メールしてるか、外に出かけるか。
どんなお仕事も大変ってことですよね。難しいってこと。楽な仕事なんてないんですよね。あらためて感じるけど、耐えられないことを無理して我慢することもないと思います。わたしは、今、充実してるけど、かなり寝不足です。それが一番つらいかな?
以前は、ずっと不眠症だったんだけど、最近は、ぐったりです。昼間の運転はかなり眠たいです。
眠れないときは、思い切って寝ない!あきらめて起きてやりたいことをやっていました。それか、風邪薬とか飲んでた。頭痛持ちだから、いつも市販の薬飲んでるし。こんなことしてたら、だめですよね。あ~そろそろ寝ます。
2009/01/27 02:13  | URL | coffee-story K子 #cUHsgXGE[ 編集] ▲ top
- No title -
通院ごおつかれ様です 私もこないだ病院に行ったんですね そしたら あんた最近痩せてきてるから胃のバリウム検査受けなさいって言われてケアのこととはいえ 面倒だなって うう 仕方ないですね とりあえず痩せてきているのはなんとーなーくなんですけど そのうちリバウンドするでしょ みたいな まぁ心配して下さってのことですから 感謝しなくてはいけませんね

にしても 医療介護に携わる方の 仕事には頭が下がるものがありすね 正直割に合わないお仕事かと思いますが あの去年点滴を作り置きして問題になった病院ありましたが あの報道を見るだに 100%病院側が悪いわけじゃないんじゃないかって 私の近所の病院でも午前中なんてすごい忙しさですから 造り置きしていい訳じゃ無いですけど 体制のもんだいだったのでは、と
自治体でもあの病院なくなっちゃったらどうなるんでしょうね、
2009/01/27 09:49  | URL | たまお #-[ 編集] ▲ top
- 気をつけてくださいね -
K子さん、ありがとうございます。
たしかにどんな仕事でも大変ですよね。なぜかと言うと、やっぱり仕事にはいろんな責任が付き物だからでしょうね。でも、その責任を果たそうとして誠意を尽くす・・・。だからこそ一生懸命働いておられる人たちの姿は、どれもみな賞賛に値するんだと思います。
K子さんもとても責任感が強いけど、でもあまり無理はしないでくださいね。特に寝不足は要注意・・・って、僕も言えた義理じゃないですけどね。でも、本当に体は大切にしてください。
2009/01/27 12:04  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- 大きな問題ですよね -
たまおさん、ありがとうございます。たまおさんのおっしゃるように、医療や介護関係の仕事には、本当に割に合わない部分が多い気がします。地域によったら、それこそ従事しておられる人たちの厚意無しでは到底成り立たないんじゃないでしょうか。うちの近所でも、「採算が合わない」ということで市民病院の閉鎖が問題になりました。でも、こういう命に関わることって、他の事と同列に考えてはいけないはずですよね。そのへんが、行政側をはじめとするおエライさんたちには、いまいちピンと来ていないような気がします。残念なことです。
ところで、バリウム検査されるんですね。イヤな検査ですよね~。でも、心配して言ってくださってるのだから、我慢して頑張ってください。何も異常がないことを祈っております。
2009/01/27 12:19  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- 猫の話で・・・ -
自分自身はここ数年、ありがたいことにお医者様のお世話にはなっていないので
猫の話で恐縮ですが・・・
12月はじめに我が家の1匹が『腎不全』になり動物病院に入院していました。
いろいろ手を尽くしてくださり、元気な姿で退院となったとき、
病院スタッフに心から感謝しました。
猫が病気にならなければ知り合うことのなかった方々ですが、
その後もクリスマスにクッキーとカードをお届けしたり、
カードを病院に飾ってくださったり、よい関係を築かせていただけました。
マイナスからのスタートでも、プラスに変わることもありますよね♪
通院、大変でしょうがNさんにとってたくさんのプラスとなりますように♪


2009/01/27 12:49  | URL | sari #ccNGWMCQ[ 編集] ▲ top
- 猫さんたち、早く良くなってくれるといいですね -
sariさん、どうもありがとうございます。
いろんな方からコメントをいただいて考えていたのです。たしかに出会った時点でマイナスからスタートしても、双方の見ているものがきちんと同じものであれば、きっといいゴールが迎えられるんじゃないかと。僕の主治医の先生も、きちんと僕の思いを聞いてくださって、「一緒に頑張りましょう」という気持ちで接してくださいます。「この先生との出会いがなかったら、自分はどうなっていたんだろう」と思います。
sariさんの猫さんたち、食事療法をなさってるんですね。早く全快してくれるといいですね。僕も通院頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。
2009/01/27 14:51  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuma009.blog6.fc2.com/tb.php/18-9938dc70

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。