2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
儚き光、集いて天に還る・・・
2010/06/27(Sun)
昨年の7月の記事の 『蛍・・・乱舞』 以来、久々に蛍を描きました。
いつも6月ごろになると、「どこかに蛍を見に行きたいなあ・・・」 と思うのですが、
なかなか出かけることができません。

そう言えば、実際に蛍を見たのは数えるほどしかありませんし、
最後に見たのが何年前なのか、それさえも思い出せないです・・・

詳しくは知りませんが、蛍が成虫として生存できるのは、長くてもせいぜい2週間ほどだそうです・・・
そのごくわずかな時間の中で、彼らは自分の成すべきことをきちんと成しとげ、
そして、静かに天に還っていくのですね・・・



儚き光、集いて天に還る・・・

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(23) | TB(0) | ▲ top
<<残照・・・ | メイン | はやぶさ、帰還・・・>>
コメント
-  -
Nさん、こんばんは♪

素敵な蛍の輝きですね!
昨年描かれた作品と比べると、水面の感じや空中を漂う蛍の光の動きに、
より静かな夏の夜の印象を受けました。静寂の中で、儚い蛍の光が集まって
優しい光を放ちながら天に還っていく様子がとても幻想的です♪
きっと、多くの蛍が毎晩のように、人知れず天に昇っていくんでしょうね…(涙)。

最近では、いろんなところで「蛍観賞会」のようなイベントが開かれていますが…
僕も実家を離れてからは、ほとんど蛍の光を目にしていません。
お盆のころにTVで放送される「火垂るの墓」で、泣きながら蛍を見るくらいでしょうか…(笑)
素敵な夏の夜の物語をありがとうございました!
2010/06/28 00:25  | URL | shun #JalddpaA[ 編集] ▲ top
- shun さんへ -
こんばんは、shun さん (*^_^*)
いつもお褒めいただいて、本当にありがとうございます m(_ _)m

僕も「火垂るの墓」を見ると、いつも涙涙です・・・(T◚T)
今回の作品は、昨年の絵は川に群れる蛍だったので、今年は湖がいいかなあ・・・と思って描きました (^^ゞ
水や風の流れがない分、静かな感じになったのでしょうね (^_-)-☆

shun さんも、最近は蛍を見ておられませんか・・・
おっしゃるように、毎晩たくさんの蛍がその命をまっとうして、静かに天に還っていくのでしょうね。
彼らは決して、我々人間の目を楽しませるためにその美しい光を放っているのではないけれど、
この地球という星に生まれた命ある仲間として、一種の敬意を表しながら彼らの光を見つめてみたい・・・
そんなふうに思います (^_^)

どうもありがとうございました (^◇^)
2010/06/28 00:58  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- Nさん -
新作 お待ちしていました

水辺の無数の蛍

命の短い 蛍をこの絵の中で 永遠に

とどめて下さってありがとうございます

天に還っていく様子が よく 現われていますね

絵の上 金色の輝き 天からのお使いが 蛍を

迎えているような気分がします
2010/06/28 01:46  | URL | りら #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
-  -
こんばんは(^^)

去年よりも、絵に深みが増している感じがします。Nさんはやっぱり、青の使い方が上手ですよね(^^)

蛍、そんなに短い命だということは、つい最近知りました。もしかしたら、だからこそあんなに輝いて、命を燃やすように生きられるのかもしれませんね。
2010/06/28 20:49  | URL | Aki #EVEuRZgM[ 編集] ▲ top
- Nさん -
水辺の青 様々な青の使い方

とても綺麗です 上の方にいくにしたがって

薄い色になっています 

水草も細やかに描かれています

そこにも 蛍がいます

大小 様々な蛍

根気が無くては描けませんね

勿論 それ以前に 絵へのNさんの情熱

蛍への愛おしさ 伝わってきます

美しい 絵 美しい心で 描かれていられるからです

2010/06/29 02:21  | URL | りら #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
-  -
僕も蛍を見たのは何時の日だったか・・・
水辺の天を仰ぐ蛍の様、圧巻ですね^^
綺麗です^^
2010/06/29 05:46  | URL | 阿須奈呂 #-[ 編集] ▲ top
- りらさんへ -
りらさん、こんばんは (^◇^)
いつもお褒めいただいて、ありがとうございます (^_^)
根気・・・情熱・・・う~ん、そんなふうに言っていただけるほどのものなのかなあ・・・
と、正直思います (^^ゞ
自分の中でのイラストに対する考えというのも、
実は常にいろいろと揺れ動いていたりするんですよね、これが・・・(≧▽≦)
でも、やっぱり好きなんですよね、絵を描くことが (^_-)-☆
これからも、頑張りますね~ (^^♪
ありがとうございました m(_ _)m
2010/06/29 20:50  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- Aki さんへ -
こんばんは、Aki さん !(^^)!
え~っ!? 絵に深みが増していて、青の使い方が上手ですか~!?
うわ~、光栄です、ほんと!!\(≧▽≦\)(/≧▽≦)/
プロの Aki さんにそんなふうに褒めていただけるなんて・・・(*^_^*)

そうですね、短い命だからこそ、あんなに美しく輝けるのかもしれませんね・・・
蛍の放つ光は、文字通り命そのものの輝き・・・そんなふうに思います。
どうもありがとうございました m(_ _)m
2010/06/29 20:56  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- Nさん -
私のコメントのお返事読ませて頂きました

イラストが好き ただ 好き

そのお気持ち 伝わってきます

私も写真が好き ただ好きです
2010/06/29 20:59  | URL | りら #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
- 阿須奈呂さんへ -
こんばんは、阿須奈呂さん (^_^)
お褒めいただいて、どうもありがとうございます m(_ _)m
僕もこんな光景は実際に目にしたことはなくて(この絵だけではなく、僕の描くものはほとんどが僕の勝手なイメージがもとになってるんですけどね・・・)、
いつも、「こんなんでええんかな・・・」と思いながら描いています (^^ゞ
でも、お褒めいただいて自信がつきました。
ありがとうございました m(_ _)m
2010/06/29 21:02  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- りらさんへ -
「好き」という気持ち・・・
先ほどはあんなふうに書いたものの、
理屈ではどうにもならないこの感情を維持していくのは、ある意味、けっこうムズカシイことなのかもしれないなあ、と思う今日この頃です・・・(^^ゞ
でも、りらさんの写真への想いは、本物ですね (*^_^*)
ブログを拝見していて、いつもそう感じています (^_-)-☆
2010/06/29 22:08  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
-  -
前々良いと思いますよ^^
自信持ってください^^

釣行記もお願いしますね・・・笑
2010/07/01 05:26  | URL | 阿須奈呂 #-[ 編集] ▲ top
- Nさん -
「りらさんの写真への想いは、本物ですね」
私のカメラはコンデジで技術もセンスも
ありません 皆さんのお写真拝見していると
情けなる事もあります
でも 一生懸命撮ってます
蜂を追いかけて 一日過ぎたり
花菖蒲を撮るのに ぬかるみを歩いて転んだり
花を少しでも綺麗に撮ってあげたいと
いつも思っています
ありがとうございます
いつも私の事心にかけて下さり
こちらに寄らせて頂いてまた 感謝の名前の
宝石増えました
2010/07/01 18:53  | URL | りら #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
-  -
Nさん、こんにちは。
私も今まで、実際に蛍を見たことは
そんなにないかもしれません。
輝く命はそんなに短いのですね・・・
静かだけれど華やかな・・・
命を燃やす蛍の絵、とても素敵ですね。
2010/07/02 09:00  | URL | sari #ccNGWMCQ[ 編集] ▲ top
- 阿須奈呂さんへ -
こんにちは、阿須奈呂さん !(^^)!
どうもありがとうございます m(_ _)m
自信をもって、これからもがんばっていきます (^^ゞ

釣行記をUPできるように、この夏はいっぱい釣りたいと思います (≧▽≦)
釣れたらいいな~ (^^♪
2010/07/03 12:03  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- りらさんへ -
こんにちは、りらさん (^_-)-☆
以前は僕も、他の方のイラストを拝見していると、自分の作品がどうしようもない駄作に思えてイヤになることがありました。
でも、今はそういうことはあまりありません。
技術的に上達したわけではないですが、「他と比べることには、あまり意味はない」 と思えるようになったからかもしれません・・・(*^_^*)
・・・なんてエラそうに言ってしまいましたが、
りらさんも、自信をもって、自分で「これはいいなあ!!」 と思える作品を撮り続けてください (^^♪
「自分の作品の一番のファンは、いつも自分!!」
そう思えるようになれたら素敵ですよね (^_^)v
2010/07/03 12:11  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- sari さんへ -
sari さん、こんにちは (^^♪
お褒めいただいて、本当にありがとうございます m(_ _)m
そうなんですよ、ほんとに儚い命・・・
おっしゃるとおり、あの光は「命を燃やしている」からこその美しさなのですよね・・・
来年こそは、実際にどこかでその美しさに触れられたらいいなあ、と思う今日この頃です (^_^)
2010/07/03 12:16  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
-  -
やっと こちらに伺えました

この数日夜間の勤務が多くて

ブログ アップも出来ませんでした

やはり Nさんの絵は心が落ち着く事が出来ます

私へのコメントのお返事遅くなりましたが

今日書かせて頂きました

いつも心にかけて下さりありがとうございます
2010/07/06 20:39  | URL | りら #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
-  -
踏切の歌
2009/09/30

読ませて頂きました

警報機と少年の物語 感動しました

ラスト あのような形で終わって安心しました

青年になった 彼が 昔 を想い出した事

嬉しかったです

警報機を擬人化した Nさんの発想に驚かされます

これからの参考にさせて頂きます
2010/07/08 21:58  | URL | りら #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
- りらさんへ -
こんにちは、りらさん (*^_^*)
お返事が遅くなってしまって、申し訳ありません m(_ _)m

「心が落ち着く絵」と言っていただけて、とてもうれしいです (^_^)
小説の方も、読んでいただけたんですね。
あれは自分でもけっこう気に入っていまして・・・(^^ゞ

絵も小説も拙いものばかりで、りらさんの参考にしていただけるほどのものではないですが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします m(_ _)m
どうもありがとうございました (^^♪
2010/07/11 09:59  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
- Nさん -
Nさんから コメント頂いて

とても嬉しかったです

新作の絵を描いて お忙しい事と思います

ありがとうございました

毎日暑苦しい日が続いています

お身体 ご大切に

新作は 夏の花でしょうか

海の山でしょうか

想像しただけで 楽しいです

楽しみです
2010/07/11 23:32  | URL | りら #sSHoJftA[ 編集] ▲ top
- Nさん -
昨年の私のアップ見ていたら

11月 12月 毎日のように Nさんからコメント 頂いていました

いまさらながら ありがとうございます
2010/07/14 21:07  | URL | 風早 りら #-[ 編集] ▲ top
- りらさんへ -
こんにちは、りらさん !(^^)!
ずっとお返事できなくて、本当にすみませんでした m(_ _)m
なかなか時間がとれなかったもので・・・

いえいえ、コメントなら、僕がりらさんからいただいている方がずっと多いはずですよ。
こちらこそ、ありがとうございます (^_^)
新作は、りらさんのお好きな花ではなく、また海の絵です (^^ゞ
ほんと、代わり映えしないというか・・・
この後にUPしますので、よかったらまた見に来てやってくださいね (*^_^*)
2010/07/17 17:46  | URL | N #4.PzH.q.[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kuma009.blog6.fc2.com/tb.php/105-e5a573c4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。