2011 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
刹那の光、うたかたの花・・・
2011/08/25(Thu)
先日、飛騨高山に行ってきました。
この地を初めて訪れたのは、もうかれこれ30年近く前になります。
友人の I 君と夜行列車に乗って、2泊3日の旅に出かけました。
その頃はまだ、古都の美しさを愛でるという気持ちなどなく、ただ旅に出るということがうれしかったように思います。
当時は二人ともお金がなく(今もないですけどね・・・(笑))、高山市内のユースホテルに泊まり、レンタサイクルであちこちを巡りました。
正確には憶えていませんが、今では到底考えられないような長い距離を走りました。
坂道がとてもキツくてバテバテになってしまったことは、一生忘れないと思います。
夜には花火大会があり、夜店が出ている商店街をそぞろ歩きしました。

その後も彼の地には観光などで何度か行きましたが、最後に訪れたのは15年ほど前でしたので、今回は久々の高山行きでした。
残念ながら雨だったのですが、日曜日ということもあり、街並みはたくさんの観光客でにぎわっていました。
僕の頭の中には、「高山 = 赤い橋」 という図式があります。
市内を流れる宮川にかかる 「中橋」 という橋があるのですが、この赤い橋がなんとも美しいのです。
この日、雨の中で見た中橋もやはりきれいで、青空の下で見るそれとはまた違った印象を僕に与えてくれました。
ただ、観光客の多さに少し辟易し、この日はわずかの時間で高山観光を切り上げ、宿泊地である片山津温泉郷に向かいました。

片山津温泉郷では、7月末から8月末までの間、連日花火大会が開催されているようですが、当夜はこの夏一番の大きな花火大会がありました。
今夏はまだ一度も花火大会を見ていませんでしたので、とても楽しみだったのですが、大阪を出発するときから、
「雨のせいで中止にならないだろうか・・・」という懸念を抱いていました。
しかし、夕方には雨は上がり、予定通り花火大会はおこなわれました。
幸いにして部屋にいながら見ることができたのですが、予想以上に大きく、そして美しい花火の数々でした。
まだ小さかった娘が初めての花火大会に驚いて泣いていたときのことを思い出しつつ、咲いては消えてゆく大小様々の光の花たちを、僕は最後まで食い入るように見つめていました。

本日もご訪問、ほんとうにありがとうございました。
心より感謝しております m(_ _)m



刹那の光、うたかたの花・・・

JWordクリック募金
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。