2009 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちょっとイヤな話・・・
2009/10/31(Sat)
最初に書いておきますが、
イヤな話なので、読んでいただかなくてもけっこうです。
特に、いつも来てくださっている方々には、ほんとに関係のない話なので・・・

「それなら、いったいなんでわざわざ書くのか?」と思われるかもしれませんが、
今ちょっとムシャクシャしてるもので、どこかで発散したい・・・
ただそんな感じです。

たいていのブログの中には、拍手やらランキングやらのボタンがありますよね。
僕は、訪問した先では、ほとんど必ずと言っていいほど、
最低ひとつはなんらかのボタンを押すようにしています。
時には、コメントを残すようにもしています。
でも、最近思うんですが、「押してください」とか「コメントお願いします」って、
本当にしつこいぐらいに書いている人もいますが、
そういった人たちの中には、そのお礼というか、お返しというか、
そういうことを自分自身は全く心がけていない人たちがたくさんいますね。

訪問してきても、コメントもしないしボタンも押さない・・・
それどころか、自分のブログに書かれた僕のコメントに対してさえ返事をかかず放置・・・
そりゃ、僕が常識はずれなこととか相手の気に触ることを書いているのなら、無視されても仕方ないですが・・・

僕はべつにランキングで上位に入りたいとか、コメントをたくさんもらいたいとか、
そんなことを思っているわけではありません。
それに、来てくださっている方々全員に、ボタンを押してくださることやコメントを残してくださることを望んでいるわけでもありません。
もちろん、「自分がボタンを押してあげたんだから相手にも必ず押してもらわなければ・・・」なんていうことも思っていません。
なぜなら、僕の知らないところでボタンを押してくださっている方々もいて、
それに対して僕自身がきちんとお礼ができていないこともあるのはわかっているからです。

ただ、「押してください」「コメントください」としつこいぐらいに書きながら、
自分は他人に対してそういうことをしようとしない・・・
そういう神経の持ち主がたくさんいる・・・
そこまでしつこく書く以上は、まず自分が先に訪問先でボタンを押してコメントを書くようにしろよ!!
と思うんです。
それが、ブログを続けているうちに、だんだんと気になってきてしまって・・・

まあ、そういう人たちのところには、二度と行かないようにしているので、
べつに気に病む必要もないんですけどね・・・ (>_<)

ただ、きっとこういう人たちも、その大部分の人はブログ以外のふだんの生活なら、
あいさつされたら自分もきちんとあいさつを返して、手紙をもらったのなら自分も返事を書いて・・・
ということをしているのだと思います。
そういう当たり前のことが、ブログの世界の中ということでいい加減になっているのかもしれませんね。

こんなふうに考えると、時々、そういう人たちの住んでいるこのブログの世界って何なんだろう・・・
と思うことがあります。
だから、最近は、僕のブログにコメントでも残してくださっていない限りは、
全然知らない方のブログには、お邪魔しようという気にもならなくなってきました。
今は、いつもつき合ってくださっている何人かの方々さえいてくれたら、もうそれだけで十分・・・
新しい友人なんて、もうこれ以上増やさなくてもいい・・・
そんな感じです。

でも、それは新しい出会いの可能性を自分の手で摘みとってしまっていること・・・
それもまた、よく自覚はしているのですが・・・

ああ、ダメだ・・・ただの愚痴になってしまった・・・
なんかウジウジとして、ほんとイヤな話だ・・・
でも、僕の考え方・・・おかしいのかな・・・
読んで気分を害された方、申し訳ありませんでした m(_ _)m
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
橋のある風景・・・
2009/10/30(Fri)
橋のある風景というものが、昔から好きです。
高校から大学の頃にかけて、よく京都に遊びに行っていたのですが、
嵐山にある渡月橋を見て以来、そう思うようになったのかもしれません。

異なる二つの地(世界)を結ぶ、というのが、橋のもつ本質的な役割なのですが、
日常生活の中にも、様々な「橋」が存在しているように思えます。
「橋渡しをする」という言葉でも示されるように、
誰かを別の何かと結びつける役割を果たしてくれる人もいますし、
新しい世界に飛び出すためのきっかけとなるような出来事もまた、
ある意味で、「橋」と呼べるのではないでしょうか。

そう考えると、自分の世界からは、
多かれ少なかれ常に何本かの「橋」が、
どこかに向かって延びているのでしょうね。

そして、それらの「橋」がどこに向かっているのかを、
きちんと見極めようとするのはもちろん大切なことのでしょうが、
もっと大切なのは、
目の前にある「橋」を渡ってみよう、と思える勇気なのかもしれません。


橋のある風景・・・

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(12) | TB(0) | ▲ top
島の夜明け・・・
2009/10/25(Sun)
最近、パソコンに向かう時間が短くて、
しかもその時間のほとんどをイラストの作成に当てていましたので、
なかなかみなさんのブログやホームページにお邪魔することができませんでした m(_ _)m

毎日のように訪問してくださっていた方々・・・
本当にありがとうございました。
そして、申し訳ありませんでした m(_ _)m

今回のイラストは、島の夜明けの様子を描いたものです・・・=^_^=

「どこの島やねん?」と聞かれると、「この島です」と言えるものはないのですが、
仲良くさせていただいている『天使の鈴』の比呂さんが屋久島のことをよく書いておられるので、
それが頭の片隅にありました (^_^)

きちんとネットなどで映像を調べてから描けばよかったのでしょうが、
元来、根っからの無精者なので・・・
実際の屋久島の姿にほんの少しでも似ている部分があれば幸いです (^^ゞ



島の夜明け・・・

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(16) | TB(0) | ▲ top
大阪湾、夕景・・・
2009/10/16(Fri)
僕の家からいちばん近い海・・・それは、大阪湾です。
先日、久々に夕暮れの大阪湾を見ました。

残念ながら美しいと言うにはためらわれるような海だと、ふだんは思っていたのですが、
その日は遠くに六甲の山並や、神戸、淡路島の街の灯などがはっきりと見えて、
「ああ、やっぱり夕暮れの景色というのは、それぞれに味わい深いものだなあ・・・」
と感じずにはいられませんでした (*^_^*)

というわけで、そのとき実際に見た景色とは少し違うのですが、
描いてみました、大阪 !(^^)!

しかし、自分のパソコン上で描いた絵と、アップロードしてブログに載せた絵と、
微妙に色合いやら明るさやらが違っていて、
それがどうにも残念というか悔しいというか・・・
なんとか修正できたらいいのに・・・と思う今日この頃です (^^)



大阪湾、夕景・・・



 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(16) | TB(0) | ▲ top
夏への想い・・・
2009/10/11(Sun)
朝夕の冷え込みが、厳しくなってきました・・・

ついこの前まで、「暑い~、暑い~!!」と唸っていたのに、
気がつけば、何やら冬がもうすぐそこまで来ているように思える日さえあります。

子どもたちが小さかった頃は、毎年必ず海に連れて行っていましたが、
最近はすっかりそういうこともなくなりました。

そういうことを考えていたら、またふと夏の海を描きたくなりました (^^ゞ



夏への想い・・・

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(18) | TB(0) | ▲ top
鴫立つ沢・・・
2009/10/09(Fri)
新古今和歌集には、『三夕(の歌)』というものが収められています。
いずれもが、「秋の夕暮」という言葉で結ばれています。

「寂しさはその色としもなかりけり 槇(まき)立つ山の秋の夕暮」 (寂蓮)

「見渡せば花も紅葉(もみじ)もなかりけり 浦の苫屋(とまや)の秋の夕暮」 (藤原定家)

「心なき身にも哀れは知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮」 (西行)

僕はこの中でも特に、西行の歌に心惹かれます。

夕日に赤く染まる空と水面・・・
その水面を渡ってくる風は、明らかに日々冷たさを増し・・・
遠くから聞こえる梵鐘の音・・・
それを合図としたかのように、一斉に飛び立つ鴫の群れ・・・
その直後、一瞬すべての音が消える・・・
やがて来る厳しい冬へと向かわねばならないすべての生き物の定め・・・
その風景の中にただひとりたたずむ自分の、なんと孤独なことか・・・
秋の夕暮れのもつ、何とも言えない美しさともの哀しさとを、
僕に味わわせてくれる歌です。

というわけで、今回はこの西行の歌をイメージして描いてみました。
西行が実際にどんな場所でこの歌を詠んだのかはあまり考えず、
ただただ自分の頭に浮かんだ景色を描きました。

西行が見たら、「こんな景色とちゃうわ~!!」って言われるかも・・・ (^^ゞ



鴫立つ沢・・・

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(8) | TB(0) | ▲ top
月光の降る里・・・
2009/10/06(Tue)
リンクを貼らせていただいている、『Daily Life Stories』 ・・・
ブログ主のshunさんがお撮りになったたくさんの素敵な写真と丁寧な解説文で、
毎回大変楽しませてもらっております (^^♪
そして、読ませていただいた後いつも、「ああ、旅に出たいなあ」という気持ちにさせられます。

というわけで、「今、もし旅に出るならどんなところへ行きたいか」ということを考えると・・・
月の美しい季節ですし、やっぱり名月の見られる山里なんかがいいなあ、と思いました。

でも、実際にはなかなか旅に出られないので、イラストにしてみました~ (^^ゞ



月光の降る里・・・

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。