2009 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
嵐の夜・・・雲の上で・・・
2009/07/28(Tue)
最近ずっと、なにやら不安定な天気が続いています・・・
というわけでもないのですが・・・

気象学のことなんて全然知らないのですが、
嵐のときも、雲の上では、月は輝きを放ち、星々はきらめいているんですよね・・・
(もしちがってたら、めっちゃカッコ悪いなあ・・・)

猛烈な風に吹かれ、大粒の雨に打たれながら
それでも頭の中で雲の上の世界を想像するなんて
なかなかできることではないのでしょうが、
けれども
雲の下の嵐の世界も、雲の上の光の世界も、
ひとつながりの同じ世界であることはまちがいないんですよね・・・

苦しいときでも、悩んでいるときでも、
そういうことを考えられるだけの余裕みたいなものは
失いたくないなあ、と思う今日この頃です。


嵐の夜・・・雲の上で・・・

 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(26) | TB(0) | ▲ top
星たちが還りゆく刻(とき)・・・
2009/07/16(Thu)
暑くなってきました・・・
地球環境の激変が叫ばれ始めてから、もうずいぶん経ったように思えます。
例えば、よく話題に上る “地球温暖化” ・・・
自分の住む地域の気候条件がどのように変わってきているのか、
詳しいデータなんてもちろん持ち合わせてはいませんが・・・
たしかに、自分が子どもの頃のことを思うと、真夏でもこんなに暑くはなかったような気がします。
というか、暑さの質が変化してきているように思えます。

この先も、確実にいろんな変化が現れてくるんだろうなあ・・・
30年後、50年後、この地球は、人類が生きていくのに相応しい条件を備えた星として
あり続けることができるのか・・・

そんな思いを抱きながら、はるか遠くの星々を見やることがあります。

ひとつひとつの星々には、もちろんそれぞれの運命があって、
ひょっとしたら悲劇的な運命をたどったものもあるのかもしれない・・・
でも、今日見えていた星のすべてが、明日もまた空に輝くことができますように・・・
そして、願わくば、どの星にも悲しい運命が訪れることがありませんように・・・

  ※ あまり本文とは関係のない絵ですが・・・よければご覧ください (≧▽≦)


星たちが還りゆく刻(とき)・・・

 人気ブログランキングへ
この記事のURL | | CM(22) | TB(0) | ▲ top
蛍・・・乱舞
2009/07/06(Mon)
今日は7月6日・・・義母が亡くなって、早いものでもう20年が過ぎました・・・

義母は、小さい頃からたくさんの苦労を重ねてきた人でした。
長生きして、もっともっと人生を楽しんでほしかった・・・

車に乗るのが好きだった義母・・・
生きていてくれたら、あちこち連れて行ってあげられたのに・・・
そう思うと、本当にさびしくなります。

家内の妹の結婚式も見たかったでしょう・・・
孫たちにも会いたかったでしょう・・・
いろいろと望むことはあっただろうに、あまりにも早く逝ってしまいました。

けれど・・・
義母は今もきっと、いつも自分の娘たちや孫たちを、
やさしいまなざしで見守ってくれているのだと思います。
霊感なんてまったくない僕ですが、それだけはなんとなく感じられるのです。

義母が亡くなったのは、家内の妹が家を離れて遠くに行くと決まった頃でした。
結婚して家を出た家内と、遠くに行ってしまう妹・・・
ふたりを同時に見守るために、義母は星になることを選んだのではないだろうか・・・
「輪廻転生」というものがあるならば、
願わくば、この次も、家内と妹の母として生まれてきてあげてほしい・・・

昨夜、ふとそんなことを考えていました・・・


蛍は亡くなった人の魂・・・そんなことを聞いたことがあります。

だからというわけでもないのですが、この絵を、義母に捧げたいと思います。



蛍・・・乱舞

 人気ブログランキングへ 
この記事のURL | 未分類 | CM(31) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。