2009 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
好きな風景・・・
2009/05/26(Tue)
日曜日の深夜、何気なくチャンネルを変えると、NHKで
「ローカル鉄道の旅」という番組をしていました。

好きな風景というのはたくさんありますが、
鉄道のある風景というものには特に、昔からものすごく心が惹かれます。
べつに、「鉄オタ」ではないいんですけどね・・・(^_^)

旅行やドライブに出かけたときに、線路を見つけると、とても得した気分になります。
もちろんそこに列車が通りかかれば申し分ないんですが、
ただただレールが延々と続いている風景というのも、それはそれでとてもいいものです。

けれど、鉄道のある風景が好きだと言っても、どんな鉄道でもいいというわけではありません。
どんなふうに分類すればいいのか、専門的な知識がないのでよくわからないのですが・・・
例えば、新幹線になんて全然魅力を感じません。
それから、通勤型とか近郊型とか呼ばれているような列車も、あまり好きではありません。
ブルートレインなどのように長距離を走る列車は、けっこう好きですが。

でも、やっぱりローカル線がいちばんいいですね・・・。
できれば、電車ではなくディーゼル車。
(SLは嫌いではないですが、まったく馴染みがないので・・・)
一両編成(一両でも「編成」と言うそうです)か二両編成がいいですね。
車両は、あまり新しいものではなく、ちょっと錆が浮き出たようなものがいいです。
線路は単線が望ましい・・・。

なぜ、ローカル線に惹かれるのか・・・
それはおそらく、他の列車と比べると、彼らが風景の一部としていちばんよく成り立ちえるからだと
思います。
大自然の中でも、そして町や村の中であっても、彼らは周りのものに実に美しく溶け込むことが
できているように思えるのです。
そして、自分の傍らを通り過ぎていくものに、彼らは常に微笑みかけ、時には挨拶の言葉を述べて
いる・・・
僕には、彼らがそんなやさしい存在に感じられるのです。

僕の町にも、昔はたくさんの田んぼがありました。
そして、その中に小さな駅がありました。
幼い頃、夕方、時々母に手を引かれてその駅まで父を迎えに行きました。
レールの向こうに沈んでしまった夕日と桜色に染まった空・・・
その中から、赤とクリーム色の国鉄色のディーゼルカーが現れる・・・
僕の心に残る、懐かしい風景です。

ディーゼルカー
                                       ※ この美しい写真は、借り物です

今日もつまらない話におつき合いいただき、本当にありがとうございました。
ついでにポチッと押していただければ、幸いです。

    ↓        ↓  
 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
レイヤーというもの・・・
2009/05/21(Thu)
いやね、そりゃ知ってましたよ、僕だって。
「レイヤー」ってものがあることぐらい・・・

ただね、使い方とかがよくわからなくて、それで
「あ~、もうええねん!!レイヤーなんて使わなくても描けるわい!!」
なんて感じで、今までやってましたが・・・

よく考えると、やっぱりきちんと勉強することがキライなんですよね・・・
面倒くさがりだし・・・

というわけで、初めてレイヤーを使って描いてみました。

ふと空を見上げたとき、一万回に一回でいいから、こんなものが見えたらいいなあ・・・
(ちょっとコワいかな・・・)

幻の空・・・

ポチッと、よろしくお願いいたします~♪ m(_ _)m

     ↓        ↓  
 人気ブログランキングへ 
この記事のURL | | CM(16) | TB(0) | ▲ top
生かされているということ・・・
2009/05/10(Sun)
こんにちは。
更新のペースがどんどん遅くなっておりますが、にもかかわらず毎日のように訪問してくださって
いる方々、本当にありがとうございます。
また、何かのきっかけでこのサイトを思い出して見に来てくださった方々、それから初めて
訪れてくださった方々も、どうもありがとうございます。

今日は家内の職場のイベントがあり、それに参加する方々の送迎の手伝いに行ってきました。
みんなお年寄りの方ばかりです。

車椅子でしか移動できない方・・・
歩けるけれどわずかの段差を越えるのにすごく時間のかかる方・・・
思い通りに話せない方・・・
認知症の方・・・

どの状態も現時点での自分には当てはまらない・・・
けれど、そんな自分ももしかしたら、将来は同じようになるかもしれない・・・
そして、その方々はもちろん今、誰かの手助けなしには生活できないけれど、
それは、今の自分も同じことなんじゃないのかと・・・

そんなことを考えていました。

たしかに、今の自分は体が不自由なわけでもないし、認知症の傾向があるわけでもない・・・
自分で考え、自分で行動することができる・・・
でも、決して独りで生きていくことはできないし、それは今までも、そしてこれからも
変わることはないでしょう。

生まれてから死ぬまで、周りの方々の力によって生かされている・・・
結局ヒトというのはそういうものなんだなあと、あらためて感じさせられた一日でした。

押していただけると、励みになります !(^^)!
   
     ↓        ↓  
 人気ブログランキングへ   
この記事のURL | 未分類 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。